スポンサードリンク


発売から6年!今だからこそ思うiPhone4sが至高な3つの要素

05-27,2017

紆余曲折を経て、現在なんとiPhone4sを使っております。

 

しかもメイン端末として。

 

発売されてからほぼ6年経った今、iPhone4sを未だにメインとして使用している人はほとんどいないのではないでしょうか。

LVoVcTIPQkGHVSGTWR6otg thumb 5cc

 

あわよくば地球上最後のiPhone4sの使用者になりたい。

 

そんなことを願うはしたか塾長が、今だから思うやっぱりiPhone4sが歴代機種の中で一番至高だ思う3つの要素とは…

iPhone4sに戻した経緯

私はこれまでiPhone6を使っていました。

 

実はこれといってiPhone4sに戻した理由はないのですが…

 

いや、あるにはありますが、書くのが恥ずかしいくらいとてつもなくしょーもない理由なのです。

 

ただなんとなくiPhone6に飽きたという理由、電池持ちが悪くなってきたという理由、そしてなによりパズドラがやりにくいという最大の理由があったからです。

 

正直、いい歳した大人がゲームを理由にスマホの機種をアレヤコレヤと変えるなんてアホなんか!?

 

なんて思われるかもしれませんが、ほんとにただのアホなんです。

 

しかも今時パズドラって。

 

まだやってんの?なんて言わないでください。

 

唯一続いているゲームなんですから(汗)

 

 

私は手が小さいのでiPhone6だとどうしても片手で操作がやりにくい。

 

ポチポチしにくいのです。(←わかる人にはわかりますよね?)

 

所詮ゲームですから片手間にランク上げをしたりするには、それこそ片手で操作できないといけません。

 

とういわけでほぼほぼゲームのためにiPhone4sに戻したというわけです。(ほんまアホ)

 

 スポンサードリンク

飽和な時代だからこそ思うiPhone4sが至高な3つの要素

さて、iPhone4sを久々に手にしたわけですが、手にした瞬間この機種の完璧さを再認識。

 

私がiPhone4sを至高だと思う要素は3つあります。

 

①片手で操作ができること

現在は5インチ以上のスマホが主流になっていて、両手で使うこと前提の機種がほとんどです。

 

当然パズドラをする場合も、ドロップの移動距離が増えるわけですから、結果的にコンボの数が減ってしまいます

 

アヌビス使いとしてはやはり安定した高速パズルが必要なのです。(またパズドラかい!)

 

5GNiuaYGR1CPp l7Hqpufg thumb 5cd

 

メールやラインの返事を片手で入力して返信できるのも魅力的です。

 

一時期ファブレットを使っていた時期もありましたが、片手で操作できないのはやっぱりストレスでした。

 

スマホは電話。

 

電話とメールを快適にできてナンボですよね。(断じてパズドラをするためのものではない。)

 

②ポケットにすっぽり入ること

iPhone6もポケットに入ることは入るのですが、やはり大きくて座るときに曲がってしまうんじゃないかとすごく神経を使いました。

 

基本的に右後ろポケットに入れるですが、ミニマリストレーニーの私のケツ圧に、どうあがいてもiPhone6は耐えられないでしょう。

 

手ぶらで外出したいミニマリストレーニーにとってiPhone6は少しばかり大きすぎました。

 

その点iPhone4sは右前ポケットにもすっぽり入るし、厚みも程よくあるので曲がる心配はいりません。

 

背面がガラスなので落下だけは心配ですが。

 

③やっぱり一番かっこいいこと

そして最後はやっぱりこれでしょう。

 

なにより歴代iPhoneの中で一番デザインがいけてます

 

ジョブズの最後のデザインと言われているだけあって、やっぱり工芸品のような繊細で美しいデザインが魅力的です。

 

これは完全に好みの問題ですけどね。

 

まとめ

2017年にもなって今更iPhone4sを使うことにしましたが、その魅力は未だ衰えていません。

 

むしろ使用者が少なくなっている昨今、新鮮ですらあります。

 

最新の機種と比べると、そりゃもっさりすることもあったり、使えるアプリも限られてしまいます。

 

けれどそれを補ってもあまりある魅力がiPhone4sにはあるのです。

 

 

ちなみにパズドラはサクサク動きますが、モンストは厳しいです。(当然白猫も)

 

ラインと同時に立ち上げられないのでマルチができませんでした。

 

ご参考までに。

 

 

というわけで今だからこそ、自分の好きなスマートフォンを使って周りと差別化してみてはいかがでしょうか。

 

それぞれの思い入れがあり、きっと会話も弾むことでしょう。

 

では皆様も素敵なスマホライフを。

関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する