スポンサードリンク


断捨離がもたらした3つの変化

04-07,2017

昨年の6月ごろに断捨離にはまり、ミニマリストレーニーになりました。

あれからもうすぐ1年。

断捨離は私のモノへの執着心を消してくれただけではなく、モノへのとらえ方も大きく変えてくれました。

この記事では断捨離による心境の変化を3つにまとめました。 

 「青い空と雲」のフリー写真素材

1.モノを買うときに、処分するときのことを考えるようになった

断捨離の主な作業は捨てること。

断捨離をされた方なら共感していただけると思いますが、ゴミを捨てる際の分別やら売却の手続きやらって本当に面倒くさいですよね。

もう絶対にあんなことはしたくない。

特に衣装ケースや本棚などの家具類などは、地域によっては細かく切断して出さなければいけなかったり、業者に取りに来てもらったり...何かと面倒です。

だから私は、例えば衣装ケースを購入せずに、クローゼットの中の本棚やお気に入りの使用していないボストンバッグなどに洋服を収納しています。

バッグの型崩れなども防止できるので、なかなかお勧めです。

IMG_0214

こんな感じで、季節ものの服、今だと夏服や礼服の小物などををバッグにいれて保管しています。

私の場合は洋服も断捨離してしまって限られた数しかありませんので、ミニマリストならではの方法ですね。

ということで最近ではモノを購入するときに処分するときのことを想像し、カンタンに処分できるモノを選んだり、今あるモノを工夫して代用したりしています。

2.必要なモノだけを買うようになった

最近ではダイソーやセリアなど安くて便利なモノを売っているお店がそこら中にあります。

私は便利グッズを収集する癖があったようで、1人暮らしをしていたアパートから引っ越しをする際、その量の多さに家族にびっくりされました。

大量の便利グッズを処分するのに苦労した経験と断捨離の経験から、その時の思いつき、つまり衝動買いや用途が限られているモノ、他のモノで代用できるモノの購入をできるだけしないように心がけています

便利グッズなんてあると便利なだけで、なくてもなんとかなるモノがほとんどですからね。


極端な例ですが、私はどこの家にも必ずあるであろうゴミ箱すら購入していません。

私も昔はプラスチックのゴミ箱を使っていましたが、ゴミを保管しておくだけのモノがわざわざプラスチックである必要がないのです。

段ボール箱で十分です。

段ボール箱なら買う必要もありませんしね。

私は段ボール箱にポリ袋をかぶせてゴミ箱代わりにしています。

IMG_0215

汚れたらそのまま段ボールゴミとして捨てられるので処分もカンタン。

このように、工夫次第で購入する必要のないモノはたくさんあります


また断捨離のおかげで、部屋にスペースができました。

私はそのスペースを趣味の筋トレのスペースとして活用しています。

趣味は心の養分です。

私にとっては必要なモノ

充実したトレーニングができる環境を自宅につくれて、趣味が充実しココロもカラダも大満足です。


3.タダのモノをもらわなくなった

昔はタダということばにすごく弱くて、配られているモノなら何でも我先にともらいにいっていたものです。

ポケットティッシュにボールペン、試供品、アメニティグッズ……

そして日常生活で溜まる一方のレジ袋。

昔はゴミ袋として使うのであえてもらっていましたが、最近はほとんどもらいません。

絶対に使いきれないからです。

私が買い物に行くときは、買い物袋を入れたリュックを背負っていきます。

今はレジ袋にもお金がかかる時代なので当たり前のことかもしれませんが、 節約もできて一石二鳥です。


そしていつのまにか溜まっているボールペンなどの筆記用具類。

できるだけもらわないようにしていますが、もらわざるを得なくなった場合は、有効活用してくれる子供たちにあげてしまいます。

私は処分でき、本当に必要としている生徒たちはもらえて、WIN-WINです。

ホテルのアメニティグッズや試供品も昔はすべて持って帰っていましたが(貧乏性なもので)、結局使わないので今は持って帰りません。

結局、捨てるのに手間と時間がかかるだけですからね。


断捨離のメリットは、モノを断捨離することで思考(煩悩)も断捨離できることです。

「いつかあれを使わないと」「早くあれを使わないと」と常に頭の片隅で考えていては、思考の断捨離ができません

目の前の困難に迅速に全力で取り組めるよう、頭の中はいつでもすっきりクリアでいたいものです。

タダより高いモノはありません。「もらわない勇気」をもちましょう。

まとめ

断捨離直後に迷走していた時期もあり、ちょいちょいいらないモノを買ってしまうこともありました。

しかし断捨離を続けたおかげで、今ではモノへの執着心がなくなり、モノの断捨離から思考の断捨離へ、間違いなく前進しています。

そのおかげで仕事筋トレブログといった私の生活の3本柱に集中して取り組むことができ、好きなモノだけに囲まれた充実した生活を送ることができているのです。

断捨離によってもたらされた変化は私にとってはメリットばかりでした。

みなさんも断捨離に、一度取り組んでみてはどうでしょうか。

新しい自分が見つかるかもしれませんよ。

関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する