スポンサードリンク


見つけてよ!Google先生!!URL変更に伴いSEO対策としてやったこと

02-10,2017

アクセス数が全然戻らない…

う~ん、このまま待ち続けて戻らなかったらどうしよう…

ということで心配性でせっかちな私は、以前の独自ドメインのURLに戻してしまいました。(待っていればいいものを…)

URL編歴は以下のような感じです。

hashimotoeisu.jp -> hashimotoeisu.blog.fc2.com -> hashimotoeisu.jp(現在)

そしてその際に、SEO対策としてGoogle Search Consoleを使い、初心者なりにわかる範囲で設定してみました。

というわけで備忘録的な何かです。


SEO対策とは


簡単に言ったら検索結果の上位に表示してもらうための対策のことです。

私もブログ初心者なので詳しいことはわかりませんが、とりあえずこんな認識です。(あってるよね??)

たくさんの人にブログを見てもらうためには、やっぱり検索結果の上位に自身の記事が掲載されなければいけません。

みなさんも検索したら、きっと検索結果の一番上のサイトからチェックしていくのではないでしょうか?

なんにせよ、検索結果に記事があがらなければ話にすらならないわけです。

じゃあどうすれば自身の記事が検索結果に出るようになるのか。

答えは簡単。

Google先生に自身のブログサイトを見つけてもらう!

です。

世の中にはいろんなサイトがあふれていますが、結局自分たちが見られるサイトっていうのは、Google先生があらかじめ見つけてくれた良サイト(?)だけなんですよね…

ブログを始めたばかりの方の記事は、何もしなければなかなか検索結果に出てきません。

そして現在の私のブログ記事もそんな感じです。

もちろん見つけてもらっても上位に掲載されるわけではありません。

競合するキーワードがあれば当然競争率も高くなりますから、上位に表示されるのは難しくなります。

当然記事の質も大切になってくるわけです。

だから自身のスキルやノウハウも磨いていかなかればいけません。


前置きが長くなりましたが

とりあえず検索結果にでるように!!

を目的に、自身でやってみたことをご紹介。

Fetch as Google@Search Console


まずやったことがこれです。

Search Console > クロール > Fetch as Googleから色々できます。



これはGoogle先生にいつまでたっても見つけてもらえないので、自分からアピって自身のブログサイトを見つけてもらうみたいな感じです。

でもそれだけだと、Google先生もなかなか忙しいので、全ての記事をチェックしてくれません。

そこで。

サイトマップ@Search Console


サイトマップの登録です。

Search Console > クロール > サイトマップから登録できます。



これはFetch as Googleより詳しく、どんな記事があるのかもちゃんとみて全部検索結果にだしてよね!と図々しくアピールする感じです。

青い棒グラフがアピった記事の数で、Google先生が見つけてくれたら横に赤いグラフがでるはずです。

まだ私は出ていませんが(爆)


(注)あくまで、すべて私が捉えているイメージです。

まとめ


というわけで初心者なりにSEO対策をしてみました。

これでアクセス数が戻ってくれたら…

調べた感じだとサイトマップを登録して4日目以降という噂もあるので、今度こそ気長に待ちたいと思います。

また経過を報告しますので、気になる方はお楽しみに!



ブログランキングに参加しています。
記事に共感頂けた方、記事が参考になった方、ぜひぜひポチッとおねがいします!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

塾長こんにちは
私も日々トレーニングと仕事に追われて
アクセス数アップ対策が疎かになってしまってます。
というわけで、続編楽しみにしてます。
読まれてナンボですもんね~
後は、文章力アップとネタ探しですね💦
2017/02/10(金) 18:32:14 |URL|アザラシ #- [EDIT]
アザラシさん、こんにちは。
SEO対策は必須ですよね〜。
でも毎日ブログを更新されているアザラシさんはほんとすごいと思います。
尊敬します!!
早起きして筋トレしてブログ更新なんて…
とてもじゃないけど私にはできそうにありません笑
お互い色んなことにチャレンジしていきましょー!
2017/02/11(土) 14:03:09 |URL|はしたか #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK