スポンサードリンク


スマホゲーを快適に!

05-27,2016

私は仕事柄、子供達への話題提供のため、子供達の流行に遅れないため、スマートフォンのゲームアプリ(長いのでスマホゲーと呼ぶことにする)で遊ぶときがある。



というのは表向きの建前で、子供時代に自由にゲームできなかったせいもあるのか、いい歳してスマホゲーに限らずゲームをすることがある。



スマートフォンといえば、塾を始めた当初は、まだあまり世間に浸透しておらず、子供達も「携帯(ガラケー)持ちたい!」とよく言っていたものだ。

それが今では中学生はほぼ全員スマートフォンをもっているではないか。

ガラケーをもたせてもらえる子はあまりいなかったような記憶があるが、今の子供達のスマートフォンの所有率が高いのはいったい何故なのだろうか。




話が逸れたが、今回はスマートフォンを所持することの良し悪しを書きたいのではなくて。



スマホは高級なデバイスである。

当然、ホイホイと新機種に替えたりするなんてことができるはずがない。

すると購入してから時が経つにつれて、動作がもっさりしてくるなんてことは誰もが経験してるはず。

そんなときに役立つおすすめの設定方法をお伝えしたい。

これは残念ながらAndroid機だけが出来ることなので、iPhone の方は諦めてほしい。

私はスマホゲーでいうと、某白猫ゲームや某パズルゲームをよくするが、この設定にしてからはすこぶる快適にプレイできている。

もちろんゲームだけではなく、普段使いの時にもキビキビとした動作になる。



さて、前置きが長くなったが早速そのやり方を教えよう。

自分でも試してみようという方は、まあ壊れることはないと思うが、自己責任でお願いしたい。

私は一切の責任を負いかねますので。(お決まりですね。)


設定方法


①まず設定の画面から「開発者向けオプション」をひらく。

新しいアンドロイドのバージョンでは、裏コマンドで「開発者向けオプション」を表示させる必要がある。

そのやり方はぜひ自分で調べてほしい。そんな難しいことではない。

それこそ昔の「上→X→下→B→L→Y→R→A」的なことだ。(このコマンド、わかる人いるかな?)


②「開発者向けオプション」を開いて、表示された画面をスクロールすると以下のような設定項目が出てくるはず。




上の写真のように設定をすれば、あっという間に快適になるはずだ。






・・・ではちょっと不親切なので、以下に設定項目とその値を挙げておく。

【描画】
・ウィンドウアニメスケール → 0.5倍
・トラジションアニメスケール → 0.5倍
・アニメーター再生時間スケール → 0.5倍

【ハードウェアアクセラレートレンダリング】
・GPUレンダリング → オン
・4x MSAAを適用 → オン
・HWオーバーレイを無効 → オン

以上の6点だ。

不具合が出たら再起動するなり、開発者向けオプションをオフ(開発者向けオプション画面の右上にあるスイッチをきる)などすれば、これまで通りの設定に戻る。

というわけで、古いAndroid機をお持ちの方はぜひお試しあれ。


ブログランキングに参加しています。
共感いただけた方、参考になった方、ぜひぜひポチッとおねがいします!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK