スポンサードリンク


やはり納得の出来なかった私はシルバーアクセサリーをさらに磨くのであった

07-07,2016

先日ブログにて紹介したシルバーアクセサリーをピカピカにする方法

やはりブログの最後で読者の方に念押しして確認していることからもわかるように、納得できていなかったのでしょう。

というわけでさらに磨いてみることにしました。

妥協は許さない。


実は前の時点でもそこそこキレイにはなっていたのですが、ある最終工程を忘れていたのです。

それが気になって試さずには入られませんでした。

その最終工程とは…


ご存知の方も多いと思います。



金属を磨く。


金属をキレイにする。


金属をピカピカにする。


ピカピカ…


ピカ…


ピカチュウ?


いいえ、ピカールです!





そうです。

金属磨きといえばピカールです。

そいういえば車のパーツを磨いた時にも、最終的に使用していました。

なんでこんな大事なことを忘れていたのか。


というわけでピカールを使って、さらに磨き上げました。



ピカールでピッカピカ


用意するモノはピカールと布だけ。

ピカールを少量布につけて、ひたすら優しく磨きます。

既にキレイだったはずなのに、なぜか磨いても磨いても布が黒くなる。

まさか…

削れてる?

さすがピカールさん。

表面の凹凸をどんどん削って、滑らかにしてくれます。

(いいのかこれ?)

そして完成したのがこちらです。



こちらが前回の状態。




クリックしてもらえると拡大するのでよく分かると思います。

撮影している私が映りこむほどの鏡面加工!

加工…?

元の状態がぶっちゃけわからないので、これだけピカピカになったらさすがに満足。

写真でしかお見せできないのが本当に残念。




というわけで、さすがに大事なアクセサリーをピカールで磨こうなんていう方はいないと思うのですが、実践する場合は自己責任・自己満足(←ここ大事)でお願いします。



ブログランキングに参加しています。
記事に共感頂けた方、記事が参考になった方、ぜひぜひポチッとおねがいします!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK