スポンサードリンク


ミニマリストの考え方

07-04,2016

断捨離を進め二週間くらい経ちました。

先日ブログにて紹介した処分に困っていたパソコン・小型家電を土曜日に集荷してもらい、もったいなくて捨てられなかったブランド品を昨日、配送手続きしてきました。

結果が出るのは明日くらいかな。

ミニマリスト


断捨離をすすめていくと、やはり意識せざるをえない「ミニマリスト」という存在。

最小限(ミニマム)の人ということだろうか。

ミニマリストの方々の色んなブログや本を読んだりしていると、すごく自分の考え方に近い。

最近読んだこんまりさんの本から始まり、昨日はこの本を読みました。



私はミニマリストではありませんが、やはり思うのが、自分の考え方とよく似ているなということ。

自分がそれを実践できているかというとそうではなくて、そういうことでもなくて、その根本的な生き方というか物事の捉え方にすごく共感できるのです。

さすがに著者の佐々木さんほどストイックにはできないですが、物事に対する考え方や感謝の気持ち、幸せの定義みたいなものなど、参考になることも多々書かれていました。

もちろん共感できることばかりではありませんが。

以前からミニマリストには興味がありましたが、さらに興味が湧きました。

なんでこんなにモノを捨てるのか、何もなくて人生何が楽しいんだと疑問に思う方はぜひ読んでみて欲しいです。

共感できるできないはあると思いますが、ミニマリストがどういう人かはわかると思います。




幸せを感じる



人は幸せになったと感じても、さらに幸せを求めてしまう。

だからそんな人は一生幸せにはなれない。

幸せに「なる」ことが目的になってしまってはいけない。

なぜなら幸せは「なる」ものではなくて、「感じる」ものだから。



必要なものは人それぞれ違うけれど、必要なものだけでいい。

心を満たすのはモノではなくて幸福感。

幸福感を与えてくれるのはポジティブな心。

そしてポジティブな心を与えてくれるのは感謝の気持ち


未来の自分は果たして幸せだろうか。

幸せに「なる」ことが目的なら、幸せにはなれないだろう。

幸せは「感じる」もの。

未来も過去も「今」の続き。

未来に幸せであるためには、未来に幸せを感じなければならない。

未来は今の続きなので、「今」幸せを感じなければならない。

じゃあどうするか。


「感謝の気持ちをいつも持ち続ける。」




思い立ったが吉日、「今」から始めてみよう。



なんだか、感想文になってしまった…



ブログランキングに参加しています。
記事に共感頂けた方、記事が参考になった方、ぜひぜひポチッとおねがいします!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK