スポンサードリンク


はしたか塾長のダイエット講座~糖質制限と筋トレの矛盾~

06-08,2016

糖質制限もしているし、筋トレもしている。

それなのに一向に成果が出ない!

理想の体型に近づかない!

ただ痩せたいだけではなく、キレイに痩せたい!

そんな方にぜひ読んでもらいたい。

今日は肉体改造の話。


糖質制限ダイエットにおいて糖新生の働きが重要であることは前に述べたが、糖新生は脂肪だけではなく筋肉をも分解してしまうのであった。

つまり肉体改造するために努力して積み上げてきた筋肉が、糖質制限によって細くなってしまうのである。

しかしこの糖質制限は、早く確実に痩せられるため、ボディビルダーなどがコンテスト前に絞るときなどにも使われる方法でもある。


彼らはどうやって筋肉の増大と脂肪の減少を両立させているのだろうか。


まずは筋肉が増大する条件を理解しておこう。




筋肉増大の条件


筋肉をつける、つまり増大するにはどうすればよいか。

誰もが簡単にできること。

そう、筋肉トレーニングだ。

強度や負荷は人それぞれなのでここでは言及しないが、適切な負荷を与えて筋肉トレーニングをする。

それしかないのである。

しかし、やみくもにトレーニングをするだけでは非常に効率が悪い。

効率よく筋肉をつけるためには、栄養素・エネルギーの取り方が非常に重要なのである。

トレーニングの内容よりも大事だといっても過言ではない。



筋肉はそもそも、一日当たり

摂取エネルギー > 消費エネルギー

の状態でなければ増大しない。(ここでいうエネルギーはカロリーのこと。)

余分なエネルギーが生じないことには、生存本能の働きか、筋肉にまで栄養がまわらないためだ。

筋肉はタンパク質からつくられるので、筋トレをする者は自身の体重の2~3倍(g)のタンパク質をとらなければならないが、当然それだけではエネルギーが足りない。

そこで(値段的にも、食べやすさ的にも)摂取しやすい糖質・炭水化物でエネルギーを補う必要がある。

つまり糖質制限とは真逆のことをする必要があるわけだ。

結果的に筋肉の増量はできるのだが、当然脂肪もたくさんついてしまうことになる。


ちなみに糖質制限中は

摂取エネルギー < 消費エネルギー

なので、筋肉が増大することはほとんどないといっていい。

もうおわかりだろうが、糖質制限中に筋肉増大は期待できないのである。


では筋肉増量と脂肪減少、この矛盾する2つのことを両立するためにはどうすればよいのか。


効率よく肉体改造する方法


実はすごく単純な話。

ダイエットの期間を、「筋肉を増やす期間の増量期」「脂肪を減らす期間の減量期」とに分ければいいのだ。

実は遠回りに見えて、これが一番の近道なのだ。


糖質制限で筋肉が減少するのはどうしようもない。

やり方によっては筋肉の減少量を抑えることもできるだろうが、この事実はどうあがいても人間である以上覆らない。

我々人間に残された手段は、素直に現実を受け入れ、それに対して適切に対処すること。

それしかないのだ。


つまり減量期に筋肉が減るのなら、自分の理想とする筋肉量以上の筋肉を増量期につけておけばいいのである。

言うは易し、行うは難しではあるが。


まとめ


脂肪の減少と筋肉増大は両立できない。両立できたとしても非常に効率が悪い。
効率よく肉体改造したければ、「増量期」「減量期」に分けてボディメイクしよう。


糖質制限もしているし、筋トレもしている。

でも自分の理想に近づかない。

そんな努力家の人たちはぜひ今一度、これまでのやり方が矛盾していないかどうか見直してほしい。



ブログランキングに参加しています。
記事に共感頂けた方、記事が参考になった方、ぜひぜひポチッとおねがいします!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK