FC2ブログ

スポンサードリンク


ゆるヴィーガン生活をやめた4つの理由

02-16,2018

201802151

 

ごぶさたです。

 

昨年の8月ごろから始めたゆるヴィーガン生活

 

実は年末に普通の食生活に戻しました。

ゆるヴィーガン生活

動物性の食品を極力取らない生活を心がけ、朝は野菜と果物のスムージーを飲み、トレ後はヴィーガン用プロテインを飲み、そして昼と夜は納豆ご飯という生活をほぼ半年続けていました。

 

正直、体の調子、肌の調子はすこぶる良く、特になんの問題もありませんでした。

 

むしろずっと続けたいくらい

 

ちょうど増量期でもあり、こんな生活でしたが本当に少しずつですが体重も増やせていました。

 

ではなぜ順調だったゆるヴィーガン生活をやめてしまったのか。

 

 

 スポンサードリンク

 

理由①

年末年始に実家に戻ることになりみんなで新年をお祝いすることになりました。

 

さすがに身内といえど、母に自分のためだけに特別な食事メニューをお願いするわけにもいきません。

 

普段から世話になっている母にこれ以上負担をかけたくありませんからね。

 

みんな集まってみんなで同じものを食べて楽しく過ごす。

 

家族団欒

 

当たり前のことです。

 

水を差すわけにはいきません。

  

理由②

今年はテニスをするために、例年よりも早い1月中旬からケトジェニックダイエットによる減量を始めました。

 

詳しい方はお気づきだと思いますが、ケトジェニックダイエットつまり糖質制限では野菜をほとんど食べることができません。

 

ゆるヴィーガン生活をしていたら食べられるものが葉っぱだけになってしまうのです。

 

まあこれはいいすぎか笑

 

ヴィーガンとケトジェニックダイエットの相性の悪さを全く考えていませんでした。

 

理由③

この冬の野菜の高騰

 

家計を直撃です。

 

本当に今、頭を悩ませるほど野菜が高いです。

 

金銭的に野菜中心の生活は実質不可能になりました。

 

理由④

近所のアル◯ラザにヴィーガン向けの食品がまったく売られていませんでした。

 

昔からあるスーパーで年配の方向けの品揃えなので仕方がありません。

 

かといって遠出すれば売っているのかというとそうでもありませんし、ネット通販を利用するのもまた現物が見られないのでなかなか手を出せませんでした。

 

わかってはいたことですが、身近で手に入らないものが多すぎてまだまだヴィーガンにとって日本は生活しにくい国だということを痛感しました。

 

今後の生活

ということでいろんなことが重なり、ゆるヴィーガン生活を終えることにしました。

 

そんなわけで通常の生活に戻ったワケですが、ゆるヴィーガン生活を始めた時の自分のを忘れたわけではありません。

 

食事だけではなく生活のいかなる部分でも動物たちの命が関わっているということを忘れず、そして感謝の気持ちを忘れずに生活していく。

 

自分ができることはたったそれだけ。

 

結局、半年の生活を経て、自分一人にできることはそれくらいのことなんだとわかりました。

 

そして極端なことをするのではなく、自分のできる範囲で、できることをすることが一番大切なことなんだということも学びました。

 

 スポンサードリンク

 

まとめ

何もやらないよりもやったほうがいい。

 

やったからこそわかること、得られることがある。

 

失敗とか成功とかどうでもいい。

 

失敗を恐れるな。


とりあえずやってみるんだ。

 

今日もすべての命に感謝して。

 

関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する