スポンサードリンク


ヴィーガントレーニーのためのおすすめ植物性プロテイン

10-15,2017

おすすめ植物性プロテイン

 

お久しぶりです。

 

順調に増量中のはしたかです。

 

ヴィーガン生活を始めてから早2ヶ月。

 

ずーっと悩んでいたタンパク源をどうするか問題。

 

備蓄していたホエイプロテインが底をついたのを機に、本気で対応策を考えてみました。

 

必要なタンパク質量と摂取方法

現在私は増量中です。

 

ヴィーガンは制約上どうしてもタンパク質が不足しがち

 

私の生活上、どう頑張っても1日あたり60gを確保するのがやっとのところです。

 

特に最近はオーガニック(有機)食品にも注目するようになり、ヴィーガンになって食費は減るどころか逆に増えてしまい、金銭面的にもなかなか厳しくなりつつあります。

 

そんな中で増量しなければいけないとなると、やはり食事面・金銭面でいかにタンパク質を効率的にコスパよく摂取するかが重要になってきます。

 

 

私の場合、筋肥大を目的にとしているので、最低でも「1日に除脂肪体重の2倍のタンパク質」は摂取したいところです。

 

ヴィーガン・ベジタリアンのボディビルダーの方によると、野菜に含まれるアミノ酸だけで筋肥大には十分だという話もあります。

 

わかります。

 

タンパク質は体内でアミノ酸に変わりますからね。

 

摂取するときの形が違うだけで、体の中に入ってしまえば同じことなのかもしれません。

 

しかし、これまでホエイプロテインに頼っていただけに、どうしても「タンパク質」という形にこだわってしまうんです。

 

これまでと違うことをして筋トレの努力が無駄になるのが怖い。

 

もうその一心なんだと思います。

 

そんなわけで「ヴィーガンとしてサプリメントなしでどこまで筋肥大できるか」がテーマだったのですが、タンパク質だけはプロテインに頼ることにしました。

 

 スポンサードリンク

 

 

ORGANIC PLANT-BASED PROTEIN(Garden of Life)

とはいってもこれまで通りホエイプロテインからタンパク質を摂るわけにはいかないので、必然的に植物性のプロテインを選択しなければいけません。

 

植物性と一言でいっても種類はいろいろあって、もっともメジャーなのが大豆から作られているソイプロテインで、他にもヘンプシード(大麻の種)から作られたヘンププロテインや、枝豆やインゲンから作られたプロテインなど、本当にたくさんの種類があります。

 

私は当初、ソイプロテインが一番安くてコスパ最強!!!と思っていたのですが、オーガニック食品についての本を読んだり、調べたりしているうちに、大豆に含まれる自然毒であるレクチンやイソフラボンなどが気になり始めました。

 

 

 

食事では納豆を主なタンパク源としているので、イソフラボンの過剰摂取は避けようがありません。(納豆やテンペなど大豆を発酵させるとレクチンは減少するようなので許容しています。)

 

こんなこと気にしだすと、何も食べられなくなりますが……最近自分がどこに向かっているのかわからなくなってきます(汗)

 

そして次に候補に選んだのはヘンププロテイン。

 

ヘンプシードはスーパーフードと呼ばれる食品の一種で、タンパク質が豊富な上、ヴィーガンに不足しがちな脂質であるオメガ3のもと(αリノレン酸)を多く含んでいます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

有機ヘンププロテインパウダー 500g 【Hemp Foods】
<span >価格:4000円(税込、送料別) (2017/10/15時点)


 

 ですが今度は値段が高い!!!

 

とてもじゃないけど毎日なんて飲めません。

 

それじゃ意味がない。

 

というわけで「オーガニック」かつ「植物性」のプロテインで、さらにそこそこコスパが良いものに絞って調べました。

 

調べているとオススメの植物性プロテインを紹介しているサイトを発見!

 

 

 

先人の知恵をお借りして、その中からめぼしいものをピックアップ。

 

そして選んだのがこちら。

 

Garden of LifeのOrganic Plant-based protein

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6ad

 

原材料が秀逸です。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6c4

 

なんと全てオーガニック!!!

 

有機エンドウ豆や有機白いんげん、有機クランベリーシードなどのプロテインをブレンドされた商品です。

 

当然真偽のほどは定かではありませんが、消費者として信用するしかありません。

 

内容量は840g。

 

一回分、つまり付属のスプーン2杯で44g(タンパク質30g)だから

 

840÷44≒19

 

1つで19回分あります。

 

私の場合は、土日は夜に魚や肉などを頂くことが多いので一ヶ月に「平日食事代わりの5日x4週=20回分」と「トレ後の4日x4週=16回分」の合計36回分必要です。

 

ということは一ヶ月に2つ購入すれば十分ということです。

 

ちなみに私はiHerbで購入したので、お値段は2つで7,876円

 

iHerb(紹介コード入力済み)

👆から購入できます。

(紹介コード入力済みなので割引されていてお得です。)

 

製品自体はいいものだし、まあ許容範囲・・・かな?

 

肝心のお味の方はいかに!?

ちょうど昨日ホエイプロテインがすっからかんになってしまったので、とうとうこいつを飲む時がやってきました。

 

中はこんな感じ。

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6c1

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6c3

 

粉っぽい。

 

今までのものと明らかに違う。

 

なんというか今までのホエイプロテインは赤ちゃんの粉ミルク見たいな感じでしたが、このプロテインは小麦粉っぽい感じ。

 

これを溶かしてみると…

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 6c2

 

まあそんなに悪くない。

 

シェイクすると全然ダマにならず溶け残りもない。

 

そして肝心のお味はというと・・・

 

 

 

う、うまい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

とはお世辞にも言えない。

 

口の中は粉っぽい感じで、乾燥させた植物のツブツブ感もある感じ。

 

やっぱりプロテインってまずいもんだよねーーー(遠い目)

 

(多分今までのゴールドスタンダードのプロテインが美味しすぎたんだ)

 

まあ、飲めないというほどでもなく、慣れれば問題なさそうな感じです。

 

 

 

まとめ

というわけで悩みの種であったタンパク質問題はこれにて一件落着。

 

正直、味はあまりお勧めできませんが、原材料についてはかなりお勧めできる商品です。

 

ヴィーガン、ベジタリアンのトレーニーの方。

 

ぜひ試されて見てはいかがでしょうか?

 

関連記事


スポンサードリンク

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する